酒気帯び運転容疑の長野市議、辞職願を提出/長野

長野市の倉野立人市議(54)は3日未明、酒を飲んで車を運転し道路交通法違反(酒気帯び運転)の容疑で長野南署に摘発されました。

市議によりますと2日夜に自宅から2kmほど離れた事務所で、500mlの缶ビール1本と焼酎ロックをコップ2杯飲んだあと、自宅まで帰ろうとしましたが署員の呼気検査を受け、酒気帯び運転の基準値を超えるアルコールが検出されました。

市議は「市民に迷惑を掛け、心からお詫び申し上げます。議員辞職し、責任と取りたい」と陳謝しました。運転したことについては、「近いので軽い気持ちでハンドルを握ってしまった。反省と後悔するばかりだ」と話しました。
尚、市議は4日夜議長に議員辞職願を提出。市議会では6日にも本会議で許可する見通しです。

関連記事

中部地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews CHUBUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です