御岳山噴火 行方不明者捜索をドローンで/長野

19日、御岳山噴火災害(2014年9日)の被害者家族らでつくる「山びこの会」は、名古屋市で会合を開き、昨年に続き7月下旬〜8月上旬にかけて小型無人機「ドローン」による行方不明者5人の捜索を行うことを決めました。

県内外の遺族や行方不明者の家族約20人が出席。会合の冒頭で県消防防災ヘリコプター「アルプス」墜落事故の犠牲者に黙とうし、死亡した9人の中には噴火災害の際に救助や操作にあたった消防隊員もいたことから、事務局代表のシャーロックさんは「また長野で多くの犠牲者が出る事故が起きて悲しい」と話し、同会として噴火災害の救助に参加した隊員の遺族に弔電を送ったことを明らかにしました。

関連記事

中部地方のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews CHUBUの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です